朝食:朝に食べてはいけない15の食べ物

Advertisements

2.パンケーキやワッフル

パンケーキを一から作ったことがある人なら、小麦粉、卵、牛乳、砂糖に加えて、重曹などのふわふわ感を出すための起泡剤を加えて作ることを知っているでしょう。卵や牛乳の代わりにビーガン用のパンケーキを作ることもできますし、グルテンフリーのパンケーキを作るためにグルテンフリーの小麦粉を使うこともできます。

Advertisements

しかし、これらのレシピに共通していることがあります。砂糖です。ワッフルもほぼ同じですね。ワッフルも同じですが、どちらも一般的な朝食メニューです。パンケーキやワッフルを使った朝食で糖分を摂る必要があるのは、パンケーキやワッフルをプレーンで食べることがあまりないからです。誰もがそうするだろう。

砂糖の入ったシロップや、飽和脂肪酸と塩分の高いカリカリのベーコンなどを載せて、カロリーを増やすだけで、栄養価はあまり高くありません。

さらに、この2つの商品に使われている小麦粉は、全粒粉やビタミンB群を取り除くために加工された白い小麦粉であることが多いのです。ですから、休日の朝食だけにしておいた方がいいでしょう。