【すき焼きレシピ】すき焼きの活躍の場はハレの日だけに留まらない

Advertisements

目次

  • 1. すき焼きの関東風と関西風の違い
  • 2. さっと作れてまるですき焼き!「牛ひき肉のすき焼き風炒め」
  • 3. 白菜の大量消費に旨みたっぷり!「牛肉と白菜のすき焼き風」
  • 4. 牛ひき肉と市販のタレで美味しい!「すき焼きチャーハン」
  • 5. 焼きそば麺を白滝で代用!糖質オフ!「すき焼き風そばめし」

1. すき焼きの関東風と関西風の違い

Advertisements

一口にすき焼きと言っても、関東と関西で作り方に大きな違いがあるのを知っているだろうか。基本の具材や調味料はほとんど同じだが、調理法によってそれぞれ味わいも異なるのでチェックしてほしい。

【関東】肉と野菜を煮込んで溶け出した旨味を〆で楽しむ

関東風のすき焼きは、明治時代の「牛鍋」が土台になっている。かつて鍋物であった名残で「割り下(わりした)」で煮込んで作るのが主流だ。鰹ベースの出し汁に、濃口醤油・みりん・お酒・砂糖を混ぜて割り下を作り、すき焼き用の鍋にひたひたに注ぎ火にかける。煮立ったところで、お肉をはじめとした材料を入れて煮ていく。好みの加減になったら完成だ。関東風は割り下で野菜や肉を煮ることにより、具材から旨味が溶け出す。その旨味が凝縮された煮汁にうどんや白米を入れて、〆でより一層楽しめるのも魅力だ。

【関西】肉本来の美味しさをダイレクトにいただく

関東の方は驚くかもしれないが、関西風のすき焼きでは割り下を使わない。そして、関東風のように野菜や肉を煮るのではなく、「焼く」のが一般的とされる。まず、鉄鍋で牛肉を焼き、砂糖や薄口醤油、お酒で味付け。こんがり焼けたところで肉の上に水気の多い順に野菜をのせ、火が通ったら完成だ。甘辛くなんとも白米が進む味。関東風のすき焼きと比べてやや濃い目に感じるのは、野菜から出て来る水分とお酒のみで煮るためだろう。

ジューシーなお肉と具材に溶き卵をからめていただくのは東西共通のよう。

すき焼きを食べたくなってきたところで、すき焼きをお手軽に楽しめるアレンジレシピを紹介していく。一品でメインになるものから、お弁当のおかずに最適なものまであるのでぜひチャレンジしてみてほしい。

2. さっと作れてまるですき焼き!「牛ひき肉のすき焼き風炒め」

まずは、手軽にすき焼きの味を楽しめるレシピから紹介する。火の通りやすいひき肉や春雨、焼き豆腐を使うことによってさっと作れる。乾燥春雨を水でもどし、後は具材を切って順番に炒めるだけ。汁気がなくなるまで炒めたら、卵との相性もよいすき焼き風炒めの完成。マイタケや春雨を小さめにカットすれば、小さな子どもへの取り分けレシピとしても活躍するだろう。

2人前

牛ひき肉 100g

焼き豆腐 一丁

春雨 40g

まいたけ 1/2パック(約70g)

小ねぎ 2本(20g)

醤油 大さじ2

砂糖 小さじ1

みりん 大さじ1

酒 大さじ1

詳しいレシピはこちらをCheck!

【牛ひき肉のすき焼き風炒め】さっと作れてまるですき焼き!

3. 白菜の大量消費に旨みたっぷり!「牛肉と白菜のすき焼き風」

このレシピで使用する主な材料は、牛肉と白菜の2つだけ。冷蔵庫に白菜が沢山あるという方にぜひ作ってほしい一品だ。白菜の葉と芯では火の通る早さがちがうので、芯から炒めてしんなりしてきたら葉を投入するのがポイント。煮汁が減ったら、白菜に味がしみ込んでいる合図だ。すき焼き風味の甘辛いお肉は、噛めば噛むほど旨味が口の中に広がる。箸が止まらなくなることまちがいなしのレシピだ。

2人前

牛こま切れ肉 180g

白菜 1/4株

生姜チューブ 2cm

水 250ml

和風出汁(顆粒) 小さじ1

醤油 大さじ2

酒 大さじ2

みりん 大さじ2

砂糖 大さじ1

サラダ油 適量

万能ねぎ お好みで

Advertisements

七味唐辛子 お好みで

詳しいレシピはこちらをCheck!

【牛肉と白菜のすき焼き風】白菜の大量消費に旨みたっぷり!

4. 牛ひき肉と市販のタレで美味しい!「すき焼きチャーハン」

ごま油と長ネギのよい香りが漂うキッチンに、すき焼きの甘辛い香りが追い打ちをかける。その香りに誘われて、待ちきれずにやってきた家族の「ごはんまだ〜」の声がいまにも聞こえてきそうな一品だ。ポイントは具材をしっかりと炒めて旨味を引き出すこと。市販のすき焼きのタレを使えば味付けも失敗知らず。一品で満足できるレシピなので、お昼ごはんやお弁当にもおすすめだ。

2人前

牛ひき肉 100g

しいたけ 2個

しらたき 50g

長ネギ 1/2本

ごはん 300g

ごま油 大さじ1

すき焼きのタレ 大さじ2

コショウ ひとつまみ

詳しいレシピはこちらをCheck!

【すき焼きチャーハン】牛ひき肉と市販のタレで美味しい!

5. 焼きそば麺を白滝で代用!糖質オフ!「すき焼き風そばめし」

Advertisements

糖質が多くなりがちなそばめしは、ダイエット中の方は敬遠してしまうかもしれない。しかしそんな方にもおすすめなのが、そば麺を白滝にチェンジしたこのレシピだ。味のしみ込みやすい白滝は、すき焼きの風味と素材の旨味をしっかり吸収してくれるので、十分な満足感を得られるだろう。そして、白滝ならではのプルンとした食感は舌ざわりが面白い。いつものソースそばめしとはひと味違う仕上がりになるので、試してみてはいかがだろうか。

2人前

ごはん 250g

玉ねぎ 1/4個

にんじん 40g

白滝 150g

牛肉(こま切れ) 100g

サラダ油 大さじ1

【下味】

醤油 大さじ1

みりん 大さじ1

【調味料】

酒 大さじ2

砂糖 大さじ1

みりん 大さじ1

醤油 大さじ1

おろしにんにく(チューブ) 少々

詳しいレシピはこちらをCheck!

【すき焼き風そばめし】焼きそば麺を白滝で代用!糖質オフ!

結論

「煮る」関東風と「焼く」関西風によるすき焼きの違いと、おすすめアレンジレシピを紹介した。特別な日のイメージのあるすき焼きも、アレンジ次第でチャーハンやそばめしなど、手軽な料理に応用できることがお分かりいただけたのではないだろうか。今回紹介したレシピは、子どもも大人も食べやすいものばかりなので、家庭の定番メニューにぜひ取り入れていってほしい。