実はすごい!唾液の働き|乳酸菌やインフルエンザとの関係は?

Advertisements

子どものころ、ちょっとしたケガには「ツバをつけておけば治る」と言われたことがある方も多いのではないでしょうか。気休めのような話ですが、案外的外れとも言い切れないかもしれません。

実は唾液には複数のはたらきがあり、口腔環境だけではなく、全身の健康に欠かせない重要な要素なのです。

また近年の研究では、乳酸菌も口腔環境や唾液に深く関わっていることが分かっています。

今回は、唾液の主なはたらきをはじめ、乳酸菌やインフルエンザといった、唾液と深い関わりがある事柄についてもご紹介します。

目次

  • 唾液にはどんな意味がある?
  • それだけじゃない!唾液と乳酸菌、インフルエンザの意外な関係
  • 唾液が減るとどんな影響がある?
  • 唾液を増やすためにできることとは

唾液にはどんな意味がある?

Advertisements

唾液のはたらきは「食べ物の消化を助ける」とイメージしている方が多いのではないでしょうか。唾液に含まれている「アミラーゼ」という酵素によってデンプンの分解をサポートするなど、食事をするうえで欠かせませんが、他にもさまざまな役割を担っています。

たとえば、「唾液が少なく口内が乾燥した状態の方は、細菌が繁殖して口臭トラブルのリスクが高くなる」などがあります。この項目では、唾液が持つ主なはたらきや、分泌される仕組みなどをご紹介します。

唾液の仕組み

まずは唾液の仕組みについてご紹介します。唾液は口腔内にある「唾液腺」から分泌されており、成人の分泌量は1日あたり1.0~1.5リットルほどです。

夜眠っている間は日中に比べて分泌量が抑えられるため、口内の細菌が繁殖するなど唾液のはたらきが低下します。また、ストレスや薬による影響など、さまざまな理由で唾液の分泌量は変化します。

こんなにある、唾液のはたらき

唾液は口内を潤すためだけに分泌されているわけではありません。たとえば、会話や食事といった日常生活はもちろん、さまざまなところで無意識のうちに役立っています。以下では唾液のはたらきについてご紹介します。

粘膜保護・潤滑

唾液が歯や口内粘膜を覆うことで、細菌による刺激や感染、歯の摩耗・脱灰(歯のエナメル質の溶解)を防いでくれます。また、潤いによって舌や喉の動きがなめらかになり、食事や会話がスムーズになります。

自浄

1日1リットル以上も分泌される唾液は、口内細菌や食べ物のカスを洗い流す役割も担っています。これを自浄作用や洗浄作用と呼び、とくに食事中の咀嚼行為によって活発に行われるはたらきです。

水分平衡

呼吸や会話で、口内は常に乾燥の危機にさらされます。乾燥すると細菌が繁殖しやすくなったり、感染や刺激を受けやすくなったりするため、ある程度の潤いが必要です。唾液の分泌は口内の水分量を調節する役割もあり、これを水分平衡と呼びます。

緩衝

唾液に含まれる炭酸・重炭酸・リン酸などの成分は、口内のpHバランスが酸性・アルカリ性のどちらかに傾かないよう、調節してくれます。細菌は口内の食べカスなどをエサにしますが、分解時に有毒ガスや酸を発生させ、脱灰を起こし、虫歯の初期症状にもなってしまいます。しかし唾液が口内のpHバランスを整えることで、歯の脱灰を防いでいます。

抗菌

リゾチーム、ペルオキシダーゼ、免疫グロブリン、ラクトフェリンなどを含む唾液は、口内に侵入した細菌の活動を抑えています。自浄作用とともに細菌の繁殖を阻害する重要なはたらきです。

消化

唾液中に含まれる消化酵素アミラーゼは、デンプンと反応して麦芽糖へ分解します。咀嚼によって食べ物と混ざり、消化を助けています。

組織修復

上皮成長因子と神経成長因子が含まれる唾液は、組織修復による傷の治癒を促してくれます。「ケガをしたときにツバをつけておけば治る」という考えは、この組織修復のはたらきによるものです。

再石灰化

カルシウムイオン、リン酸イオン、フッ素イオンを含む唾液は、食事によって一時的な脱灰状態となった歯のエナメル質の再石灰化を促してくれます。正常な再石灰化が起こることで、脱灰状態の進行を防ぎ、虫歯リスクを軽減しています。

上記のようなはたらきをはじめ、唾液中に含まれる成分が、口内や全身の健康をサポートしています。

Advertisements

それだけじゃない!唾液と乳酸菌、インフルエンザの意外な関係

『〇〇フローラ(細菌叢)』という言葉に聞き覚えのある方は多いのではないでしょうか。
代表的なのが『腸内フローラ』です。フローラは本来『一定の区域内に分布する植物の種類』という意味であり、多種多様な細菌によって作られたコロニーが花畑のように見えることから、これらもフローラと呼ばれるようになりました。

実はこの〇〇フローラは、口内にも存在します。口内フローラにもさまざまなタイプの細菌が住んでおり、中には口内に悪影響を与えるものがある一方で、非常に役立つ細菌も住んでいます。

口内フローラに住む細菌のうち、良い影響を与える代表的な存在が乳酸菌です。唾液にも含まれており、うまく活用することで口内環境の改善につながります。

口腔環境とインフルエンザ

口内フローラや唾液に含まれる乳酸菌は、身体に悪い影響を与える口内細菌(病原体)へ対抗するためにも欠かせません。十分な唾液の分泌により整えられた口内環境は、悪い菌に対抗する力がスムーズに働きます。

乳酸菌をはじめとした良い口内細菌を維持するには、適切な口腔ケアが必要です。口臭や虫歯予防はもちろん、風邪やインフルエンザ予防のためにも、口腔環境を整えることも意識してみてはいかがでしょうか。

唾液に含まれるIgAでインフルエンザを予防

体内への悪い菌の侵入を防ぐシステムは、粘膜免疫と呼び、インフルエンザなど重症化しやすい病気の発症を予防しています。

その粘膜免疫を担っているのが、免疫物質のIgA(免疫グロブリンA)です。口内に侵入してきた病原体は、IgAがくっつくことで無力化されます。細菌だけではなくウイルスにもはたらきかけるため、風邪やインフルエンザなどウイルス性の病気の発症を防ぐには、なくてはならない存在です。

しかし、日常的なストレスなど、些細なことでIgAの数は減ってしまいます。口内や目、腸など体のあらゆる粘膜部分ではたらくIgAは、積極的に増やしたいですよね。

赤ちゃんの場合は母乳を介してIgAを取り込むことができますが、大人の場合は体内で産生しなければなりません。

そこで役立つのが、Lactobacillus bulgaricus OLL1073R-1(以下乳酸菌1073R-1株)です。神奈川歯科大学 口腔科学講座環境病理学 槻木恵一教授らのグループによって2014年10月~12月に行われた試験においても、乳酸菌1073R-1株を使用したヨーグルトを1日1回100gを12週間毎日摂取したグループは、同じように対照ヨーグルトを摂取したグループよりも、インフルエンザA型H3N2ウイルスに反応するIgA※が有意に多いことがわかりました。

インフルエンザA(H3N2)亜型に反応する唾液中IgAが増加(変化率)(明治ヨーグルトライブラリー)
https://www.meiji.co.jp/yogurtlibrary/laboratory/report/1073r1/03/05/

風邪など身近な病気はもちろん、毎年流行するインフルエンザウイルスに対抗するためにも、1073R-1株入りのヨーグルトを活用するなどして、IgAを増やすことが大切です。

唾液が減るとどんな影響がある?

ストレスなど、さまざまな理由で唾液の分泌量は減少します。そして十分な唾液の分泌がなければ、口内が乾燥するため、細菌が繁殖しやすくなります。

細菌が繁殖すれば口臭や虫歯リスクが高まる他、体内にも侵入しやすくなり、風邪など全身の病気につながりかねません。

  • 口腔運動の低下(麻痺や合わない入れ歯・義歯の使用など)
  • 刺激の減少(食べ物のにおいを嗅いだりする機会がない)
  • 脱水(発汗や嘔吐・下痢による体内の水分量低下)
  • 薬剤による副作用
  • 日常生活の癖(口を開きっぱなしにする)
  • 口内組織への強い刺激(刺激の強い歯磨き粉などの使用)

たとえば、上記のような原因で唾液の分泌は年齢問わず減少します。適切な口腔ケアはもちろん、唾液を分泌させるための必要な刺激や水分を意識して、正常な唾液の分泌を維持しましょう。

唾液を増やすためにできることとは

Advertisements

些細なことで唾液の分泌量は減りますが、ちょっとした注意で量を増やすこともできます。以下のように日常生活の中でできる工夫を意識して行うことで、唾液の分泌を正常化させましょう。

  • よく噛む(刺激で唾液の分泌を促す)
  • 水分補給(唾液に必要な水分を得る)
  • 口呼吸ではなく鼻呼吸を意識する(口内乾燥を防ぐ)
  • お酒やたばこを控える(刺激を減らす)
  • 唾液腺マッサージ(唾液の分泌を促す)
  • 唾液の質を上げる(口内の乳酸菌を増やす)

唾液には、口内の傷や歯の脱灰を修復したり、あらゆる病原菌の侵入・感染を防いだりする重要な役割を担うための、多くの成分が含まれています。健康な体作りを目指すには、唾液の分泌量も意識することが重要です。

まとめ

唾液は組織修復や歯の脱灰を軽減するだけでなく、口内環境を整えることで全身の健康を守る役割も担っています。それと同時に、唾液に含まれる乳酸菌は、体に悪い影響を及ぼす細菌を退治するためにも欠かせない存在です。

口腔環境の改善やインフルエンザの予防など、健康のためにも正常な唾液の分泌を意識していきましょう。それには「生活習慣の見直し」や「乳酸菌の継続的な摂取」など、日常生活でできる工夫を続けることが大切です。

【監修】木村眞樹子

東京女子医科大学医学部卒業後、東京女子医科大学病院循環器内科入局。現在も東京女子医科大学病院、および関連病院で内科、循環器科、睡眠科として診療にあたるほか、嘱託産業医として企業の健康経営にも携わっている。